みなさん、こんにちは!
AKIBAショールームスタッフ「しあぱ」です!

先日のAKIBAショールームにて開催した「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)」のタッチ&トライにご参加頂いた皆様、ありがとうございました!
おかげさまで、沢山のお客様にご参加いただくことができました!

衝撃的なゴジラのビジュアルで話題になった最新作『シン・ゴジラ』より、S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)が登場です!

それではご協力いただいたアンケートを元に、「しあぱ作戦」と言う名のタッチ&トライレポート始動です!

・「彩色全体のフォルムのクオリティは高かった。」20代男性
・「リアリティなデザイン、カラーリングが良い」40代男性

p2340260

焼き爛れたかのような皮膚の質感、尻尾や背中のヒレの隙間から覗く赤色がまさにシン・ゴジラ!
重量感のあるボディに彩色、今にも動き出しそう…とドキドキしてきますね!

p2340263

p2340265

手首の筋から、尻尾の先、不揃いな足の爪など、細部へのこだわりが本物感を演出しています。
特徴的なつま先立ちもバッチリ再現しております!

・「口がとても大きく開く、どうやってくっついているんだこの口…」20代男性
下顎がボールジョイントでくっついている為、口がしっかりと開きます。

p2340269

咆哮シーンもバッチリ再現!
不揃いな歯に、頬の延びた筋肉、更には喉奥のディテールまでこだわっております…!
恐ろしい程リアルで、覗き込んでじっくり観察したくなること間違いなしです。

・「細かな所まで可動して、劇中ポーズがほとんど取れる」30代男性
・「足の関節のどこを曲げたかが分からないのが凄い。口が差替えなしで動くのがよい。」20代男性

p2340316 

p2340317

もちろん、フォルムを崩すことなくポージングをつけることも可能!
肉の盛り上がりにあわせ可動軸が設計されているので、関節を曲げても自然な動きを表現出来ます!

・「前傾姿勢も上手くとれる」50代男性

p2340280

腰と胸部下箇所が可動します。
背中の面は内部までしっかり塗装されている為、調節をすれば自然な前傾姿勢をとらせることができますよ!

・「尻尾の可動部が自然」40代男性
・「尻尾が重くて支えられないんじゃないかと思ったけど、しっかり自立するのはスゴイ」40代男性

p2340285

ボールジョイントでの可動により、自由自在に動かせます。
重たく大きなしっぽをしっかりと維持できるので、映画内のポーズ以外も色々とチャレンジしてみてくださいね!

・「造形・可動に関しては素晴らしいの一言に尽きます!!」20代男性
・「造形と可動のバランスは見事だと思います。」40代男性

p2340310

(※「魂OPTION ACT BUILDING 」、「魂OPTION ACT BUILDING DAMAGE Ver. 」、「 魂EFFECTシリーズ EXPLOSION Gray Ver. 」は別売りです。)

・「映画のゴジラそのものが手に入る」40代男性

沢山の嬉しいお言葉をいただきました!
発売中の魂OPTIONシリーズや魂EFFECTシリーズを使用すれば、更に臨場感のあるディスプレイが可能です!

以上「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)」のタッチ&トライレポートでした!
「しあぱ作戦」いかがでしたか?

現実<フィギュア> 対 虚構<シン・ゴジラ>。11月26日発売「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)」レビュー

もっと詳しく知りたいよ!と言う方、こちらもあわせご覧ください!

更に11月24日に商品化発表されました、
「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 第2形態&第3形態セット」も大好評受注受付中です!!

img_shm_godzilla2016-2nd3rdset_11

「S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 第2形態&第3形態セット」は完全受注生産品です。
この機会をお見逃しなく!

あの興奮を!是非ご自宅で再現してみてくださいね!!

(AKIBAショールームスタッフ「しあぱ」)

TM & ©TOHO CO., LTD.
© BANDAI