みなさん、こんにちは!
AKIBAショールームスタッフ「しあぱ」です!

先日、AKIBAショールームにて開催した「HI-METAL R ザブングル」のタッチ&トライにご参加頂いた皆様、ありがとうございました!
おかげさまで、沢山のお客様にご参加いただくことができました!

IMG_1663

タッチ&トライの様子を、ご協力いただいたアンケートをもとにお伝えしていきたいと思います!

 

・「付属パーツも多くて良かった」(20代男性)
・「パッケージがキャッチー!」(40代男性)

P2370376

劇中で活躍した主要武器が4種類も付属しボリュームいっぱい!
また、パッケージは同シリーズ『ダグラム』と同じく森下直親氏による描き下ろしです。
白を基調としたデザインに、迫力あるザブングルのイラストが魅力的です!

・「デザインアレンジに走らず、昔ながらのデザインを守っている。」(40代男性)

item_0000011737_P3N0Sxar_03

武骨で力強いスタイルが、まるで放映当時のアニメから飛び出てきたかのようです!

・「ウェポンもフルに付いていて、特に肩のミサイルランチャーとバズーカの取り付け部が前と比べて目立たず良いですね。」(40代男性)

P2370353

「ライフル」「3連バズーカ」「9連装ミサイルポッド」「4連装キャノン」が付属、すべてを装備しディスプレイが可能です!
豊富な付属品により、余すことなく劇中を再現できます。
バズーカとミサイルポッドを装着させる際は、装備がずれないように指で支えながら取り付けて下さい。

・「合体変形アイテムなのに可動が凄い。お陰でコミカルなポーズも楽しくつけられるのが嬉しい!」(40代男性)
・「可動域がとても広い、重さもいい感じ」(50代男性)
・「足首の可動の処理が見事」(20代男性)

P2370355
※関節が見えるよう一部のパーツを外して撮影しております。

足首の関節は引き出すことにより、可動域を広げる事ができます。
また、足の付根には引き出し関節を使用し、太ももから前後に高く度上げる事が可能です。
膝関節は二重関節になっており、90度以上曲げることができるため、膝立ちのポーズもバッチリです!
膝を深く曲げる際は、膝にある上下の関節の上側を先に曲げるのがコツです!

P2370391

サブ・ザブングルの再現が可能な折れた翼パーツも付属しています。
複数体購入することで、更に『戦闘メカ ザブングル』の世界を楽しむことができます。

・「変形が楽しめる。アクションが決まる。」(40代男性)
・「ほぼ差替えなしで組み立てが出来てる。」(20代男性)

「ブングル・トレーラー(ザブングル・カー)」から「ブングル・スキッパー」「ブングル・ローバー」へ分離、更に合体し「ザブングル」へ!
変形・合体ギミックを再現しています。

item_0000011737_P3N0Sxar_12

item_0000011737_P3N0Sxar_13

item_0000011737_P3N0Sxar_15

「変形用握り手首」が付属する為、手首を付け外しせず変形が可能です。
またロボット形態時にシルエットが崩れない様、自然な形の「握り手首」も付属しています。
シーンにあわせて、使い分けてくださいね!

 

まだまだ魅力たっぷりな「HI-METAL R ザブングル」!
こちらのページも併せ、チェックしてみて下さいね!

HI-METAL R ザブングル スペシャルページ

【青い閃光、HI-METAL Rの荒野に降り立つ!7/29発売「HI-METAL R ザブングル」レビュー……さて!
– ロボットフィギュアブログ】

 

・「変形の難度が少し高い」(20代男性)

ブングル・トレーラーへ変形する際、少々難しい所があるのでコツをお伝えしたいと思います!
本商品に付属する取扱い説明書とあわせ、こちらも是非試してみて下さい!

「ブングル・トレーラーへ変形時、ブングル・ローバーの機首付近の変形がうまくいかない」

P2370327   

まず、機首とダイキャスト製のボールジョイントを繋ぐのグレー色のパーツから機首を引き出します。

機首と腰は、
機首から腰フロントアーマーを繋ぐ上側の可動軸(以下「上可動軸と表記します」)
腰フロントアーマーから腰中央を繋ぐ下側の可動軸(以下「下可動軸と表記します」)
の2つの可動軸で接続されています。

P2370330

腰フロントアーマーを中央から上げ、腰の中央に収納されている下可動軸を起こします。

P2370331
その際、機首と腰フロントアーマーは位置関係を崩さず、太もも上部に移動します。

P2370333 P2370334
次に上可動軸を垂直になるよう起こします。すると腰フロントアーマー接続部付近に凸部がでてくるかと思います。
この凸部が腰フロントアーマーより上に来るよう、限界まで上可動軸を倒してください。

画像のように、機首は赤い膝パーツの間にキレイに収まります。

「ローバー用シャッターを閉めた際、隙間ができてしまう。」

股関節が引き出たままになっていませんか?

P2370361
P2370359
P2370357

画像のように各関節が正しい位置に来ていないと、隙間が出来てしまいます。

上手く行かない場合は
・バックの腰アーマーが浮いていませんか?
・太ももを短くする時にきちんと収まっていますか?
・膝関節と、足首の関節が曲がっていませんか?

上記のことを確認してみると、キレイに閉じることが出来ると思いますよ!!

・「当時絶対無理だと思った変形、合体の再現と、プロポーションと可動を破綻なく再現していることは本当に凄いです。」(40代男性)

item_0000011737_P3N0Sxar_01

 HI-METAL R ザブングル

価格:16,200円(税8%込)
2017年07月29日発売!

いよいよ発売です!
お手元で、どうぞお楽しみください!

(AKIBAショールームスタッフ「しあぱ」)

 

©創通・サンライズ