原型製作・リキッドストーンによる究極の造形表現

新たなスケール感で生み出される「フィギュアーツZERO EX」ドラゴンボールシリーズの造形は、これまでも魂ネイションズのドラゴンボールフィギュアを多数手掛けてきた、造形集団「リキッドストーン」のINORI氏が担当している。ドラゴンボール造形にこめた思いを、INORI氏に訊いた。

今回の商品についての意気込み

ドラゴンボール作品のこれだけ大きなフィギュアというのはなかなか制作するチャンスがなかったので、このスケール感とポーズ固定のスタチューでなければ出せないかっこよさを表現したいと思いました。

かっこよさとは何か、と考えた時、すぐ浮かぶのはたとえばバトルの最中の一瞬を切り取ったような動きのあるポーズなのですが、すでにたくさんの決めポーズのスタチュー商品が市場に出ています。また、動きをつけるだけならS.H.Figuartsのドラゴンボールシリーズもかなりスペックが上がってほぼ意図通りのポーズが決まるようになっており、スタチューと同じ感覚で鑑賞できる域に達していると思います。

そこで今回の商品では、固定だからこその縛りを活かして、すべての動きを止めた一瞬、直立不動の“静”のかっこよさを表現したいと考えました。派手な動きこそないけれど、全身から発する気や目線の動きが感じられるような、そんな造形を楽しんでいただけたら嬉しいです。

インタビュー写真1
リキッドストーン原型による、S.H.Figuarts ドラゴンボールシリーズ。

原型製作のこだわりどころ

インタビュー写真1

一番こだわったのは髪の表現です。

立体というのは大きなスケールになるほど情報量を増やさねば間延びして見えてしまいます。情報を盛り込むためには細部のディティールの表現が大事です。ですので、たとえば髪のディティール表現でよくある手法としては髪の房を増やしたり、その房にスジ彫りなどを施して“線”を多くしがちなのですが、ドラゴンボールシリーズのキャラクターは決して線が多い絵ではありません。単にスジ彫りで線を増やして情報量を盛るのでは“らしさ”が消えてしまう気がしました。

そこで今回は、あえて髪の一房に入るディティールは極力抑えめにし、“面”の陰影でディティールが出るように工夫してみました。

身体や服の造形も単純にリアルな表現に寄り過ぎることなく、基本はオリジナルの画の表現や雰囲気を大切にしつつ、立体に起こした時のバランスを取っていきました。当然のことながら、絵は一方向から見た時の表現なのですが、立体に起こす時はどの方向から見てもその絵のイメージを崩さずしかも破綻しないように、ボリュームや流れに気をつけています。

ドラゴンボールは非常に特長のある絵なので、絵の情報をそのまま素直に受け止めるようにしています。変にアレンジしすぎることなく、オリジナルの絵の“らしさ”をそのまま表現しつつ、なおかつ、立体としてのかっこよさや面白さが出せるといいなと思って作っています。

インタビュー写真3
原型制作風景。原型師の手作業によって、布のしわや髪の毛の質感の違いまで緻密に表現されていく
インタビュー写真4

素材や彩色で留意した点

塗装の基準にしたのは、最新の映画版の色指定です。グラデーションは強めに入れてメリハリのきいた、ディテールや面の陰影を楽しんでいただける塗装をを施しています。
また、最近のトレンドに合わせて髪にはクリア素材を使い、ボリュームに比して重くは感じさせないように気をつけています。

インタビュー写真5

今後作ってみたいキャラクターや作品

どちらかというと、モンスター顔、悪人顔をつくるのが好きなので、ピッコロ大魔王やフリーザ第二・第三形態、セル第一・第二形態などのヒーロー以外も手がけてみたいですね。あとは、『Dr.スランプ』のキャラクターも作ってみたいです。たとえば……リブギゴとかDr.マシリトとか(笑)。

フォトギャラリー

  • フォトギャラリー画像1
  • フォトギャラリー画像2
  • フォトギャラリー画像3
  • フォトギャラリー画像4
  • フォトギャラリー画像5
  • フォトギャラリー画像6
  • フォトギャラリー画像7
  • フォトギャラリー画像8

イベント展示

2014/10/9~12 「NEW YORK COMIC CON 2014」にて世界初展示

「NEW YORK COMIC CITY 2014」展示画像 「NEW YORK COMIC CITY 2014」展示画像 「NEW YORK COMIC CITY 2014」展示画像 「NEW YORK COMIC CITY 2014」展示画像

2014/10/31~11/2 「TAMASHII NATION 2014」にて本邦初展示予定

TAMASHII NATION2014【 開催場所:東京秋葉原 UDX 2F】2F AKIBA SQUARE 展示会場内「Japanese Hero」ブースにて展示


スーパーサイヤ人3孫悟空ご注文はこちらから!