一年戦争 MSV 開発・侵攻MAP

ver. A.N.I.M.E. LINE UP

  • RX-78-2 GUNDAM
  • MS-06S ZAKU II
  • MS-09 DOM
  • MS-06 ZAKU II
  • MS-07B GOUF
  • MS-07B GOUF
  • MS-07B GOUF
  • MS-07B GOUF
  • MS-07B GOUF
  • MS-06D ZAKU DESERT TYPE
  • YS-11 DODAI-YS
  • RGM-79 GM
  • MS-07C-5 Gouf Prototype
空と陸から攻めろ!!最新技術で蘇る、YS-11 ドダイ、ザク・デザートタイプが登場!

オプション

  • ジオン公国軍は、独立戦争の開戦に向けて人型機動兵器=モビルスーツの開発を、「ジオニック」、「ツィマット」、「MIP」という3つの軍需企業に託した。初期の開発競争においては、ジオニックの「MS-05 ザクI 」が制式採用され、残りの2社は開戦に向けて同機を量産するためのライセンス生産を請け追うことになる。ツィマットとMIPは、ライセンス生産を行いつつも、自社の機体が次期主力機として制式採用されることを目指してMSの開発を続けていた。
    「MS-07C-5 グフ試作実験機」は、そうした状況の中で生まれたデータ収集用の機体であった。「MS-06 ザクII」に続き、北米のキャリフォルニア・ベースにて「MS-07 グフ」のライセンス生産を請け負っていたツィマットは、当時、MSの弱点である重力下での移動速度の低さを補う、高速移動を可能とする機体の開発を進めていた。バーニアを強化したランドセルと脚部に補助エンジンを装備することにより、MSの陸上での高速移動を可能とする機体を実現すべく研究開発を開始。ライセンス生産を請け負っていた「MS-07 グフ」をベースに、開発中の高速移動用のパーツを取り付けることでデータ収集を行っていた。さらに、視認範囲を広める十字型モノアイ、腹部動力パイプを覆うジョイントアーマー、新たな近接戦闘用の武装となるヒート・サーベルなどの新規パーツも取り付けられている。
    グフをベースにしているため、便宜上「MS-07C-5」と型式番号が付けられたこの機体は、データ収集用に1機だけが作られた。この実験で得られた各種の実働データをもとに、ツィマットは「YMS-09 プロトタイプドム」を完成させ、後に「MS-09 ドム」として制式採用されることになる。

最新技術が作り出すMS-06D ザク・デザートタイプ。

  • 機動戦士ガンダムの世界観を広げる「MSV」(モビル・スーツ・バリエーション)シリーズに登場したMS。

    • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E.
    • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E.
    • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E.
  • イメージを広げる豊富な武装と可動で商品化。
    別売りの「MS-09 ドム」のジャイアント・バズやその他一部エフェクトパーツ等も組み合わせ可能。

    • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E.
    • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E.
  • ROBOT魂MS-07C-5 グフ試作実験機 ver. A.N.I.M.E. 6,480円(税込) 2017年2月発送 【商品仕様】全高:約125mm
    【材質】ABS、PVC製
    【セット内容】
    本体、交換用手首左右各4種、ザク・マシンガンMMP50B、ヒート・サーベル、
    交換用発光サーベル刃、シュツルム・ファウスト×2、
    シュツルム・ファウスト固定用ジョイント×2、シールド、
    本体背部固定用シールドジョイント、手首格納デッキ

    >>商品詳細はこちら
  • 商品内容
魂ウェブ商店期間限定商品

バンダイが長年蓄積してきた技術と、ロボットを愛する心=“ロボット魂”が創りだしたハイターゲット向けロボットフィギュア。最先端のCAD技術+造形職人の匠の技が織りなす“造形の妙”で、数々のロボットを圧倒的な完成度で立体化する。

ガンダムオンライン
ページトップに戻る