spece
スペシャル

はやぶさへのメッセージ
『大人の超合金 小惑星探査機はやぶさ』開発にあたり、ノンフィクション作家 山根一眞氏、  天文学者 渡辺潤一氏よりメッセージを寄せていただきました。
2003年5月9日、よく晴れた大空を突き刺すように宇宙大航海へと旅立って行った、 M-Vロケットに搭載された『はやぶさ』を見送った。それからの7年、『はやぶさ』は私を「わくわく、はらはら、やきもき」させ続けたが、その宇宙での「姿」は「想像」するしかなかった。
やっとその「姿」を見ることができたのは豪州ウーメラの満天の星空でだったが、『はやぶさ』は神々しい輝きを放ちながら私の頭上で燃え尽きた。
『はやぶさ』の宇宙での「姿」は永遠に「想像」するしかないはずだったが、超精密モデルによって「現実」として実感できることになったのは、何とも嬉しい。
img
山根一眞(ノンフィクション作家)
img 幾多の苦難を乗り越え、地球帰還を果たした『はやぶさ』。
残念なことに、探査機本体は太陽系の謎を解く粒子を収めたカプセルを届けるために大気圏に突入し、燃え尽きた。
多くの人の心に刻み込まれた君の姿が、いまここに精緻に再現される。
さまざまな段階の君の姿が忠実にディスプレイされる。
はやぶさよ。 君が辿った遙かな宇宙の旅路を思い起こせば、ほんの少しだけ、明日への勇気をもらえるような気がする。
渡部潤一(天文学者)






商品の写真は実際の商品と一部異なる場合がございますのでご了承ください。
仕様・価格などは発売日までに変更となる場合があります。


魂ウェブ JR東海承認済 / JR西日本商品化許諾済
Copyright (C) BANDAI CO.,LTD. 2009 All Rights Reserved.
BANDAI