• 魂ウェブ
  • 魂の骨格
  • 『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

魂の骨格 『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

モンスターハンター×超合金のコラボレーションプロジェクトにより
誕生した超合金リオレウス。
この記念すべき「超狩魂」のコラボアイテムについて、モンスターハンターの
プロデューサーである辻本氏、ディレクターである藤岡氏にお話をお聞きしました。
このプロジェクトはいかにして始まったのか?
そして「モンスターハンター」サイドから見た超合金リオレウスの魅力とは?

 

■超合金リオレウス

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

――まずは現状の試作品をご用意させて頂きましたが、感想はいかがでしょうか?

辻本 : 初めてこれを見せてもらった時、「マジで買う!」って言いました(笑)。
藤岡 : これは玩具のレベルを超えています!
まさに大人向けに仕上がったアイテムですね。
辻本 : モンスターハンター10周年展で公開させてもらいましたが、ついに変形ギミックも発表ですね。あの時、ギミックはまだ謎でしたから。実は“夢の変形”をするんですよ。
藤岡 : どこから触ったらいいかわからないぐらいの、この変形感がいいんです。

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

辻本 : それにしてもリオレウス形態になると、こんなに大きくなるんだね。
藤岡 : 開発当初は超合金のリオレウスがどういうシルエットになるのか、どれぐらいの姿勢を再現できるのか、気になっていたんです。元は生き物ですから。
辻本 : 実は、僕自身、開発過程において試作品やデザインをあんまり見せてもらっていなかったんですよ。監修は主に藤岡が担当で、彼から「すごくイイ!」と、なぜか感想だけを自慢げに聞かされていて(笑)。
藤岡 : あははは(笑)。企画当初や設計段階では、ボリューム感など掴めなったところもあるんですが、開発が進む中で雰囲気出てきて、さらにここまでメタリック塗装が入るとかなりイイです。もう「カッコいい!」のひと言ですね(笑)。

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

辻本 : 「カッコいい!」のはもちろんですけど、よくここまでのものを作ったな、と言うのが本音ですね(笑)。
藤岡 : せっかくなので、2個買いして、ハンター形態とリオレウス形態の両方を並べて飾ってほしいですよね。今日はリオレウスがいいなって、その日の気分で変形させるのも難しそうなので(笑)。


■企画の経緯

――このコラボレーション企画の発端についてお聞かせください。

辻本 : ある日、唐突に「超合金にしてみませんか?」と(バンダイ側から)提案されたんですよ(笑)。モンスターハンターの超合金化なんて、その時点ではまったく想像も付きませんでした。でも、面白そうだったので、「いいですよ」と(笑)。それが2年ほど前でした。

――その時点でデザイン案などはあったのでしょうか?

辻本 : 全然ですね。何を、どれを、どうするのかみたいな具体的なことはなく、強引に「やりましょう!」と言われただけです(笑)。 もっとも超合金は、僕自身、その世代ですから、嬉しかったんですよ。
藤岡 : それからしばらくして、モンスターハンター10周年、超合金40周年のタイミングもあり、企画が本格化していきました。
辻本 : この時になって「本当にやるんだ」と思いましたね(笑)。最初はけっこう夢のような話で、実現できるかどうかも、わかりませんでしたから。 でも、決まった以上、「ぜひお願いします!」って感じでした。

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

■カトキハジメ氏の起用

――超合金としてデザインアレンジについてお聞かせください。

辻本 : 最初に「自由にやってください」みたいな話をしつつ、オリジナリティが出るように…とだけお願いしました。
藤岡 : せっかくの超合金なので、ゲームとは異なる次元、アプローチでのデザインを見たかったんですよ。
辻本 : デザインの方向性を決める中で「変形する超合金なのでロボットっぽいアレンジでもいいですか?」と(開発担当者から)提案を頂きました。
藤岡 :そこから「もうやるなら徹底的にロボット化して欲しい」と相談しつつ、カトキハジメ氏の起用をリクエストさせてもらいました。

――なぜカトキ氏だったのでしょうか?

藤岡 : 僕にとって世代的にも思い入れの強いデザイナーの筆頭でしたし、何よりこういうアレンジは断然、合うんだろうなと。
でも、実際にはお願いするのは難しいだろうなと思っていたのですが、起用が決まって「本当にいいの?」みたいな(笑)。
辻本 : ゲーム開発チームとしても、今回の(カトキハジメ氏による)デザインはすごく勉強させてもらいました。

――超合金化する際、リオレウス以外に候補はあったのでしょうか?

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回

藤岡 : 僕がプレゼンを受けたときは、複数のモンスターが合体してロボットになるなど、いくつか候補があり、その中からリオレウスへ変形する現在のものに決まりました。
辻本 : リオレウスは作品の中でもっとも印象的なモンスターなので、10周年企画であれば、これしかない、一択ですよ。カプコン側としても、リオレウスは猛プッシュさせてもらいました。
藤岡 : 次に超合金にするならば…別バージョンとして、蒼のリオレウス亜種とかライバルっぽくていいかも。それとゴア・マガラはカッコよくアレンジしてもらえそうですよね。
辻本 : それは15周年の時にお願いしよう(笑)。

『モンスターハンター』シリーズ カプコンスタッフインタビュー 第1回
辻本 良三

カプコン
モンスターハンター
プロデューサー

辻本 良三


■プロフィール
プランナーとしてアーケードゲーム開発として携わり、その後数々の家庭用ゲームソフトとゲームプランナーを担当。
2007年発売の『モンスターハンターポータブル 2nd』以降、一貫してシリーズのプロデューサーを務める。

藤岡 要

カプコン
モンスターハンター
ディレクター

藤岡 要


■プロフィール
1993年、グラフィックデザイナーとしてカプコンに入社。
初代「モンスターハンター」からディレクターを担当し、 最新作「モンスターハンター4」「モンスターハンター4G」においてもディレクションを務める。

超合金
モンスターハンターG級変形リオレウス

メーカー希望小売価格:10,800円(税8%込)
発売日:2015年2月28日(土)発売予定

≫商品詳細はこちら

※「魂ウェブ商店」での取扱はございません

©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。