• 魂ウェブ
  • 魂の骨格
  • 【魂ウェブ商店】ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

魂の骨格 【魂ウェブ商店】ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

竜陣ガロとは、映画『牙狼〈GARO〉~RED REQUIEM~』にて冴島鋼牙=黄金騎士ガロが見せた、パワーアップ形態。その奇跡の姿を超絶造形にて立体化した「魔戒可動 竜陣ガロ」が、いよいよ発売決定! そこで今回は「魔戒可動 竜陣ガロ」の魅力や見どころなどを、同シリーズのアイテムを一手に引き受けるカリスマ造形師・藤岡ユキオ氏と、バンダイコレクターズ事業部の同シリーズ担当者・岡本氏に聞いてみた。

――まずは「魔戒可動」シリーズの原型製作についてお伺いしたいのですが、まずアレンジの方向性を決めてデザインを描いて、OKが出たら造形を始めるという流れなのですか?

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

藤岡:いえ、いきなり作り始める感じです(笑)。雨宮総監督には「出来さえカッコ良ければ、好きにやっていいよ」と言われているので、ノビノビとやらせて頂いていますね。以前はデザインを竹谷(隆之)さんが描いて、それを僕が立体化するという流れだったんですけど、「風雲騎士 バド」や「雷鳴騎士 バロン」辺りからはほとんど僕一人でやっています。

――昨今は外面だけでなく内部機構まで3DCGで設計されるフィギュアも増えましたが、「魔戒可動」シリーズは基本的に造形物を実際に作って納品しているそうですね。

岡本:一部デジタル作業も発生しますが、基本的に手原形でお願いしています。最近はデジタル造形が増え、手で作り上げていく「手原形」でお願いするものは減っている傾向にあります。特に「魔戒可動」シリーズの場合、有機的なデザインかつアレンジの形状が重要なので、今の藤岡さんの作り方がベストだと思います。藤岡さんには「魔戒可動」シリーズ以前から『牙狼〈GARO〉』関連アイテムをお願いしているので、安心してお任せしています。


――今回の竜陣ガロはアレンジもさることながら、本体の全高が約40cmというボリュームにまずは驚かされました。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

藤岡:竜陣ガロの作業では、劇中の登場シーンをプリントアウトしたものを商品の原寸大にコピーして「大体これくらいのサイズだな」という目安にしながら作っていたので、「それが大きいか小さいか」という感覚は麻痺していました。その後完成した原型を納品して、しばらくすると監修用のツーリングマスターというのが送られて来るんですけど、それを見たときに初めて「あ、これはデカい!」と気付きました(笑)。

――ガロの金色には何かこだわりはあるのですか?

藤岡:黄金騎士の金色は作品を象徴する色だと思うので、どのガロも基本的に同じ色味で統一しています。流牙のガロも金色の部分は同じ色味ですし、デザインが変わっても色は変わらない。そこに関しては、雨宮総監督もきっと同じ感覚だと思います。
ただ今回の竜陣ガロに関しては、劇中だと全身金色なんですけど、あのボリュームで単色だとつまらないと思ったので、ところどころに銀色などを入れてアクセントを付けています。またガロ本体の関節部分の黒が意外と目立つので、竜神パーツの関節もあえて黒にして、ガロ本体との一体感を出すようにしました。尻尾の関節も金色にしようと思えばできたんですけど、あんなに長いものが単色だと絶対に間延びするので、あえて黒にしています。雨宮総監督も監修のときに最初は「黒が目立つな」と仰っていたんですけど、その辺りをお話したら納得して頂けました。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!
▲髭の銀色や尻尾の黒い部分が全体にアクセントを加えている。

――デザインをアレンジする上で、特にこだわった部分は?

藤岡:大きなところでは、まず竜陣の頭部をキチンと立体化することにしました。劇中だと頭部はレリーフ状になっているんですけど、実は雨宮総監督のデザイン画ではちゃんと竜の頭になっているんですよ。多分映像だと竜陣の頭が邪魔でガロの顔が見えなくなるので、見栄えを考えてレリーフにしたんでしょうね。でもフィギュアなら色んな角度から見られますし、竜陣の首が可動するので飛行状態で飾ってもガロの顔が見えるようになっています。

岡本: 頭部は首の付け根と後ろ髪のパーツが可動するようになっていて、竜陣が上を向いたときは後ろ髪パーツも位置を調整できるようにしています。

藤岡: それと、竜陣全体のバランスにもこだわりましたね。映像で確認すると、翼や尻尾はガロの背中辺りから後ろに真っ直ぐ伸びていて、竜陣自体の胴体はないんですよ。でも立体物として竜の頭や首を作る以上はそれらをバランス良く配置しないといけませんし、どうまとめるかは気を遣いました。

――どの角度から見ても竜に見えますし、立体物として腑に落ちるところに落とし込まれていますね。

藤岡:「ガロの背中に竜が掴まっている」という雰囲気を出したかったんです。

――造形的な見どころについては?

藤岡:竜陣の頭部、特に角の複雑なディテールと、あとはガロの肩に掛かっている竜陣の爪ですね。映像だとこの部分に爪はないんですが、肩の上に爪が掛かっていると「ガロに掴まっている」感がより強く出るかなと。ちなみにこの爪も、可動します。
 あとは尻尾ですが、パーツ毎にアールを付けてちょっと曲がった状態で造形しています。フレキシブルに可動するので、表情を付けて飾るのも楽しいと思いますね。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

▲ガロの肩に掛かっている竜陣の爪や、尻尾の造形からもこだわりが垣間見える。

――尻尾は、長さも大きな見どころだと思います。

藤岡:映像ではもっと長いのですが、これ以上長いと遊びにくくなりますし、とぐろを巻いた状態で飾ったときに広がり過ぎないよう、ビシッと決まるくらいの長さにしています。でも雨宮総監督も、最初は「これ、尻尾長過ぎないか?」と仰ってましたね(笑)。

――尻尾の鱗などの細かい造形も見どころの1つですが、造形する際の苦労は?

藤岡:実際に手で作ったのは、実は一番大きい尻尾パーツの片面だけなんです。まず鱗の一部を作って、それを複製したものを繋げていって伸ばす。それをミラー反転して組み合わせて1本の尻尾パーツにしたら、今度はそれをスキャンして縮尺を少しずつ小さくして行って……それらを繋げただけなんですよ、実は(笑)。

――基本的には手作業ながら、3Dスキャンなども採り入れているわけですね。

藤岡:全て手作業だった昔と比べると、かなり楽になりました(笑)。

――今回はオプションとして、通常の牙狼剣の他に専用スタンドや竜陣牙狼剣も付属しますが?

藤岡:竜陣牙狼剣については、造形する前に正確な図面を描きました。左右非対称なデザインなのでなかなかバランスが取れなくて、けっこう何回も描き直しましたね(笑)。CGで確認するとすごく薄くて、そのままだとウチワみたいになってしまうので、ちゃんと剣に見えるよう厚みを持たせて立体的にしています。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!▲専用武器の竜陣牙狼剣は、燃え盛る炎を模した複雑なデザインとなっている。

――フルセット版の「竜陣ガロ」とは別に、ガロ本体が付属しない「竜陣ガロパーツセット」を用意したのは?

岡本:ガロ本体の仕様は基本的に「魔戒可動 黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)」(2015年発売)と同じなので、こちらを購入された方にもお求めやすいようにご用意しています。

――「魔戒可動」シリーズとは長い付き合いになりましたが、お気に入りのアイテムは?

藤岡:今回の「竜陣ガロ」とセットになっている、リニューアル版の鋼牙ガロですね。最初に発売された「イクイップ&プロップVOL.1 ガロ(鋼牙)&魔導輪ザルバ」(2006年1月発売)は何度か再販されたりしているんですけど、あれが個人的には恥ずかしくて。全体のバランスや作り込みが気になってしまって、ずっと作り直したかったんです。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!▲今回の「魔戒可動 竜陣ガロ」にセットとなるのは
2015年発売のリニューアル版「魔戒可動 黄金騎士 ガロ(冴島鋼牙)」。
本体を支える台座は竜陣部分の下面に接続するので、ガロ本体は自在なポージングが可能となる。

――昔作ったものは、後で見ると恥ずかしく感じる?

藤岡:そうですね。特にデザインをアレンジするアイテムは形に正解がないので、前に作ったものを見ていると「もっとこうすれば良かった」というのが色々と浮かんで来てしまうんですよね。だから若い頃は自分の作ったものを見返すことができなくて、最近になってようやく見られるようになりました。

――では、今の「魔戒可動」シリーズには不満はない?

藤岡:そうですね(笑)。

――「魔戒可動」シリーズを作る上で、こだわっていることは?

藤岡:ユーザーがフィギュアを初めて見るのはフィギュア雑誌かネットだと思うんですけど、そういう意味ではやっぱり画像映えする方が良いのかなと。「魔戒可動」の場合、最近は魂ウェブ商店での販売が多いというのもありますけど、画像映えするようなシルエットやボリューム感、彩色になるよう心掛けています。

――「魔戒可動」で今後挑戦したいアイテムは?

藤岡:魔戒騎士以外の……例えば映画『牙狼〈GARO〉 -GOLDSTORM- 翔』の阿号のような、敵っぽいキャラクターも作ってみたいですね。

――では最後に、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

魂の骨格 ド迫力の大型アイテム・竜陣ガロが、「魔戒可動」シリーズに降臨!

藤岡:これまでに「魔戒可動」シリーズで発売されたのはテレビや劇場版のキャラクターだけですけど、『牙狼〈GARO〉』と名の付く作品は全てシリーズのターゲットに入っていて、打ち合わせのときに「そろそろアニメ版のキャラクターも出したい」みたいな話も出るので……今後のラインナップがどうなるかは分かりませんけど、やはり長く付き合って頂けるシリーズにしたいと思っています。
 今回の竜陣ガロはスペースは必要になりますけど、すごくモノが映える商品に仕上がっていると思います。

岡本:竜陣ガロだけでなく、「S.H.Figuarts(真骨彫製法)黄金騎士 ガロ(冴島鋼牙)」の発売も控えていますので、今後も『牙狼〈GARO〉』アイテムをよろしくお願いします!


【プロフィール】

長谷川 裕一(はせがわ ゆういち)

藤岡ユキオ (ふじおか ゆきお)
1976年6月6日生まれ / 愛知県名古屋市出身
代々木アニメーション学院 SFX特撮科在学中に、講師であったMAX渡辺氏に竹谷隆之氏を紹介され、造形師として「S.I.C.」シリーズなどの造形を手伝うようになる。現在は主に『牙狼〈GARO〉』関連の造形や「魔戒可動」シリーズを中心に活動中。

文:徳重耕一郎(TARKUS)

魔戒可動 竜陣ガロ

魔戒可動 竜陣ガロ 竜陣パーツセット

S.H.Figuarts (真骨彫製法) 黄金騎士ガロ(冴島鋼牙)


この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。

関連商品

  • 魔戒可動 竜陣ガロ
    魔戒可動竜陣ガロ

    価格:19,980円(税8%込)

    魂ウェブ商店 受注締切間近 

    2018年04月 発売

  • 魔戒可動 竜陣ガロパーツセット
    魔戒可動竜陣ガロパーツセット

    価格:10,800円(税8%込)

    魂ウェブ商店 受注締切間近 

    2018年04月 発売

関連ブランド

  • S.H.Figuarts
  • 魔戒可動