• スケジュール順に商品をさがす
  • カテゴリ別に商品をさがす
  • イベント・キャンペーンなどに参加する
  • 魂ウェブ
  • コラム
  • 後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~

コラム 後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~

後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」

マイド!ヤマザキ軍曹です。
おっと、お初の方には一応、ご紹介を。過去には模型誌でモデラーとして暗躍していたこともありまして、現在は双葉社から3の倍数月・季刊で発売されているメカ・オンリーのアニメ誌「グレートメカニックG」でライター/スーパーバイザーをやっているオッサンでございます。以後、お見知りおきを~。
さて、何故、魂ウェブに登場したかというとですな……この「グレメカ」の別記事企画でバンダイ コレクターズ事業部の開発チームに強襲を掛けたところ、逆に別室を用意して待ち構えられたという……。バンダイ担当曰く「ちょ~っと見てもらいたいブツがあるのですよ」との流れから、記事を書くハメに……。以下、『後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~』としてお届けしますです、ハイ。

ヤマザキ軍曹:いつも会議室なんて用意しないじゃないの!何、このいつもと何か違う特別扱いなカンジは?

魂スタッフ:いやいや、いつも軍曹殿はグレメカさんでROBOT魂のダンバインやエルガイムを褒めてくれているじゃないですか。今回はガンダム系の新作をジックリ腰据えて見てもらって、お言葉を頂戴しようかなと……

ヤマザキ軍曹:え~、あれは三度のメシより好きな「ナツ・ロボ」ネタだし、マジで完成度が高いからなんだよ。オレ、基本的にはトイに興味ないし!

魂スタッフ:まぁ、そう言わず、捕まっちゃったんだから見てくださいよ。

ヤマザキ軍曹:んで、そのブツってなんなのさっ!?

魂スタッフ:相変わらず短気ですねぇ。ハイハイ、コレですよ!

ヤマザキ軍曹:おおつ、ペーネロペーかっ!コイツはツボに来るなぁ。

魂スタッフ:あれ?これはちょっと予想外ですね。ネタとしては軍曹の守備範囲外だと思っていたのに。

ヤマザキ軍曹:小説『閃光のハサウェイ』は発表当時に読んでいたんだわ。メカデザイナー・森木靖泰先生のデザインが強烈にインパクトあって、カッチョよくってね~。特にこのペーネロペー、立体ファンからすると、線の情報量が多すぎて解読できない上、公開されていたイラストも限られていたと思うなぁ……それでも、フルスクラッチにチャレンジした人が多かったと記憶。オレもそんな中の一人。でも完成しなかったのは苦い思い出w。

魂スタッフ:おおっ、それじゃ思い入れタップリのアイテムじゃないですか!はいっ、じゃあそんな苦い思い出も回想しつつ、開けてみてくださいよ。
ヤマザキ軍曹:嫌なヤツだね~w。はぁ~、こりゃまたデカい箱だねぇ……ん~、このいかにもダンボール箱って梱包がなんか愛想ないよなぁ……。
魂スタッフ:いや、発送用の輸送箱ですから。そこは勘弁してくださいって!

後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」
後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」

ヤマザキ軍曹:まっ、輸送用だからいいか。(おもむろにダンボールから引き出す)ハアァッ!?何、イラストパッケージ仕様なの!贅沢な!しかも全面!

魂スタッフ:これは「マーキングプラスVer.」というスペシャル仕様なので、カトキハジメ先生にイラストを新規で描いていただいてパッケージ仕立てにしてみました。

ヤマザキ軍曹:いや、これはなかなかのサプライズ!イラストもカッチョ良くって、パッケージだけじゃもったいない!無機質のダンボールからこのイラストがいきなり出てくるのは、気持ちがUPするニクイ演出だな!これまでのコレクターズ商品のイメージと違うところもまたいいカンジ。でもさぁ、新規イラストって、何気にお金掛かってるんでない?

魂スタッフ:そこはスペシャル仕様のポイントですからっ!

ヤマザキ軍曹:(パッケージからブリスターパックを引き出し)ゲッ、ナニ、この薄紙・グルグル巻き・ミイラ状態のパーツ群は!せっかくの透明ブリスターパックなのに、パーツが確認できないっつーの!

後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」
後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」

魂スタッフ:パーツの表面にキズが入らないようにするための工場側での配慮です!

ヤマザキ軍曹:えっ~、せっかくのパッケイラスト・サプライズの効果が微妙にトーンダウンじゃん!あっ、解った!これを隠すためのイラストパッケだろ!

魂スタッフ:いや~、実際こういう梱包になったのは想定外でしたけど……。

ヤマザキ軍曹:(パーツを保護する薄紙を剥がしつつ)はぁ~、しかし、こりゃまた、実に面倒な仕様ですなぁ。こんなところをスペシャルにしなくてもいいのに!……おおっ~、そーか、そーゆうことか!コイツ、オールペイント状態の商品なんだ!

魂スタッフ:ええ、そうなんです。この「Ka Signature ペーネロペー」は、標準的なROBOT魂に見られる「部分塗装完成品」ではなく、各部外装に徹底して塗装を施した「塗装済み完成品」なのですよ!

ヤマザキ軍曹:「薄紙・グルグル巻き・ミイラ状態」なのは、ブリスターパックとの接触面から塗装を保護するための苦肉の策なんだな!それじゃ、この対策は最良ってことだわ。それにダンボール箱で↓~カトキさんパッケで↑~グルグル巻きで↓~美麗塗装確認で↑っていうジラシのカンジがイヤラシクもオタノシミ効果が出ているなぁ。こりゃなかなかアッパレなシステムですよ!

魂スタッフ:いや~、そんな感じに受け取ってもらえれば、これ幸いって感じですかね……(苦笑い)。

ヤマザキ軍曹:でも、「恵方巻きを一気に食わされているカンジ」がしないでもないけど……あれっ、別の「ガンダム」が出てきちゃったぜ!

後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」
後出しレビュー「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」~衝撃のヤマザキ軍曹~ 第1話「出現!オデッセウスガンダム……までの道のりが長い!」

魂スタッフ:それが「オデュッセウスガンダム」ですよ。「Ka Signature ペーネロペー」は、オデュッセウスガンダムが追加装備を着込んでペーネロペーになる、という仕様になっています。

ヤマザキ軍曹:えっ、そんな仕様だったんだ。それは知らなんだ。でもカッチョいいね、このガンダム。デザインも良いけど、この立体バランスがペーネロペーの中身とは思えない絶妙に良いカンジ。

魂スタッフ:ああっ、その言葉、ウレシイですね!実はオデュッセウスガンダムとペーネロペーでいかにちょうど良いバランスを取るかが一番苦労したポイントだったんですよ。

ヤマザキ軍曹:ペーネロペーのバランスって、縦・横比率も他のMSには無いものだし、どう見たってガンダムの関節位置じゃないから、カッコいい中身が出来ても、パーツを被せるだけでカッコいいペーネロペーが出来るってものじゃないよね。

魂スタッフ:そうなんですよ。だから、オデュッセウスガンダムにペーネロペーのパーツをフィットさせるための引き出し関節を追加してあります。両形態でベストバランスを実現できるようにしたのがポイントです!

ヤマザキ軍曹:まぁベストかどうかは、ペーネロペーのパーツを装着してから判断したいね。オレはペーネロペーに思い入れがあるんだからさっ!(次回に続く)

第2回はこちら

今回、ヤマザキ軍曹に触れていただいた「ROBOT魂 ペーネロペー マーキングプラスVer.」の<塗装仕様(と梱包時の保護対策)>、<増加装備による大ボリューム>、<マーキングはプリント済み>といった特長を継承した、「ROBOT魂 Ξガンダム-ミサイルポッド装備(マーキングプラスVer.)」は現在魂ウェブ商店にて受注中!

この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。

関連商品

  • ROBOT魂(Ka signature) <SIDE MS> Ξガンダム-ミサイルポッド装備(マーキングプラスVer.)
    ROBOT魂(Ka signature) <SIDE MS> Ξガンダム-ミサイルポッド装備(マーキングプラスVer.)

    価格:16,200円(税8%込)

    魂ウェブ商店 受注は終了しました 

    2016年02月 発売

関連ブランド

  • ROBOT魂
  • ROBOT魂(Ka signature)