• スケジュール順に商品をさがす
  • カテゴリ別に商品をさがす
  • イベント・キャンペーンなどに参加する

イベント マクロス新商品を公開!「超時空超合金展」アフターレポート!

11月23日はシェリルのバースデー! と言うことで、この記念すべき日を祝うべく、2014年11月22日(土)~23日(日)の2日間、ラジオ会館にて開催された「超時空超合金展」。会場では新旧マクロス超合金が競演、1/1スケールのYF-29 デュランダルバルキリー壁画など、盛りだくさんの内容でした。そんな会場の様子をフォトレポートとしてお届けします!


ラジオ会館10Fに上がると、まずは壁一面のYF-29デュランダルバルキーがお出迎え。これは1/1スケールの実物大。イラストを描けたのは、あの天神英貴氏! 天神氏はトークショーにも参加して頂きました。
【DX超合金シリーズ】
 
 
 
 
 

DX超合金シリーズのディスプレイ。『マクロスF』シリーズの最新バルキリーが一堂に集いました。来春リリースが決定した「VF-19ADVANCE」や、魂ウェブ商店で受注中の「ケーニッヒ・モンスター(ウイングス・オブ・ヴァルキュリア)」の他、当イベントで初お披露目となったラインナップも多数!
「VF-171EX ナイトメアプラスEX(マルヤマ機) アーマードパーツセット」、「VF-27γ ルシファー(一般機)」と「VF-27β ルシファー(指揮官機)」、「YF-29パーツィバル(ロッド機)」が参考出展として展示されました。

魂ウェブ商店「ケーニッヒ・モンスター(ウイングス・オブ・ヴァルキュリア)」受注ページはこちら

 

【HI-METAL R】

新ブランド「HI-METAL R」をジオラマで初お披露目!
1/100スケールの歴代可変バルキリーシリーズとして展開していた「VF HI-METAL」が装いも新たに登場した新提案ブランドとなります。スケール感はそのままに、バルキリー以外の機体もラインナップしていきます。
今回は参考出展として、「VF-1J アーマードバルキリー」やミリア機、マックス機、一般機、「デストロイド・モンスター」、「デストロイド・スパルタン」、そして「リガード」が展示されました。

 
 

「デストロイド・モンスター」はその大きさと共に再現。甲板を踏み抜くところまで再現したディスプレイとなっています。
劇中をイメージさせる統一スケールのバトルジオラマは、『超時空要塞マクロス』ファンの熱い注目を集めました!


 

【超時空ミュージアム】
 

「超時空ミュージアム」では歴代のマクロス完成品トイを展示。どれも実物は、なかなか目にすることのないお宝級のレアアイテムばかり。左は、タカトクトイス版の「1/3000 可変マクロス」。約40㎝と超巨大!
右は、バンダイからリリースされたハイメタルシリーズの「VF-1S スーパーバルキリー」。ハイメタルシリーズは、タカトク版の1/55スケール可変バルキリーを継承して劇場版から展開されたシリーズで、「VT-1 スーパーオストリッチ」や「VE-1 エリントシーカー」も貴重なサンプルが展示されました。

 

左は、『マクロス7』放送当時に発売された「ファイヤーバルキリー」と「ブレイザーバルキリー」。
右は、マクロス25周年にあわせて初代マクロス当時の1/55バルキリーを再復刻商品化した「オリジン・オブ・バルキリー」シリーズ

 

【バースデーボード/歌姫撮影パネル】
 

シェリルの誕生日を来場者に祝ってもらうためのバースデーボード(左)。ボードにはハートマークのステッカーを皆さんに貼ってもらいました。
そして、新作マクロスTVシリーズ『マクロス△(仮)』の歌姫オーディションパネル(右)。このパネルはミンメイ、シェリル、ランカの3人の歴代歌姫と一緒に撮影できるコーナーにもなっていました。

河森監督がバルキリーの現在・過去・未来を語る!!


ニコニコ動画にて、トークショー【完全版】を期間限定再配信中!
2014年11月30日(日)配信終了予定


この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。