METAL BUILD 10th Anniversary

METAL BUILD 10th Anniversary
Special Site

About METAL BUILD

究極の完成品トイブランドMETAL BUILD。クリエイターによるデザインアレンジ、超合金を活かした複合素材、
そして様々な技法を駆使した彩色が、圧倒的クオリティを生みだす。

デザインアレンジ

クリエイター描き下ろしによるデザインアレンジは、METAL BUILDの大きな特徴である。
立体ならではの表現を重視したフォルムやプロポーション、ハイディテールとマーキングによる情報密度の向上。
作品のキャラクター性や世代に応じたアレンジこそがMETAL BUILDを唯一無二の存在へと押し上げる。

  • 大河原邦男氏×ガンダムF91

  • 海老川兼武氏×ガンダムエクシアリペアIV

  • 柳瀬敬之氏×ガンダムデュメナスリペアⅢ

  • 阿久津潤一氏×
    ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ
    (天空の皇女 Ver.)

マテリアル

METAL BUILDは「超合金」の遺伝子を受け継ぐブランドである。
超合金=ダイキャスト合金を関節部などに使用することで、重量感と強度を付与。
さらに金属部の露出をデザインとして取り入れることで、メカらしい硬質感も表現する。一方、外装には複数の樹脂素材を採用。
素材特性に応じた樹脂の使い分けにより、造形、可動、質感を高次元で結実させる。

ダイキャスト合金
亜鉛やアルミニウムを使用した金属。高い耐久性と、ずっしりとした重量、さらに金属ならではの質感を生む。露出のある関節部などに主に使用。METAL BUILDが「超合金」 の系譜であるがゆえの重要な素材。
POM
耐摩擦性に優れた樹脂素材。アクションフィギュアとして重要な可動部に使用。耐久力が必要な箇所はダイキャストを、しなやかな可動を求める箇所はPOM など、可動部でも素材を使い分けている。
ABS
シャープな造形を可能とする樹脂素材。主に外装などに使用する。硬質なだけでなく、衝撃にも強い特性をもつ。
PVC
柔軟性に優れた樹脂素材。軟質プラスティックとも呼ばれる。また、プラスティックの中では高比重に類しており、ダイキャストと合わせて、重量感にも繋がっている。

塗装・彩色

塗装・彩色もまたMETAL BUILDの圧倒的情報量を担っている。
基本的な彩色では、濃淡の使い分けなど、部位による質感を意識。
ダイキャストパーツには静電塗装、マーキングにはタンポ印刷など、様々な技法を採用。
約800工程にも及ぶ塗装・彩色が、リアリティと存在感を具現化する。

グリーン塗装
ダークグレイ塗装
ガンメタ塗装
メッキ
ゴールド塗装
イエロー塗装
タンポとマーキング
ホワイト塗装
静電塗装

海老川兼武氏によるマーキングの指示書

塗装

基本的な色分けは塗装仕様。部位によって濃淡を分けたり、メタリック塗装を採用するなど、質感の演出を考慮した塗装を施している。

静電塗装/電解メッキ

ダイキャストパーツには帯電した塗料をスプレーにて吹き付ける静電塗装、電気を通して金属メッキ膜を施す電解メッキなどを使用。金属の質感をさらに向上させている。

メッキ加工

金属の質感を必要とするパーツにはメッキ加工を使用することも。アーバレストVer.IVのラムダ・ドライバはメッキ加工仕様となっている。

タンポ印刷

METAL BUILDの魅力のひとつとなっているマーキングはタンポ印刷で再現。タンポ印刷は精密なマーキング再現可能とし、フィギュアの目などにも使用される。

総組立工程
400工程
塗装・彩色工程
800工程
総パーツ数平均
500パーツ
企画、設計、生産までのべ約2年間

多くの工程、様々なこだわりによって
作り上げられる
完成品トイブランド、METAL BUILD
10周年を迎え、さらなる展開へ――。

THANKS TO ALL OF USERS
TOP