聖闘士聖衣神話EX 冥王ハーデス

アテナ最大の敵、冥王ハーデスをクロス着脱式のアクションフィギュアで再現。
全身を覆う冥衣(サープリス)はダークブルーのメッキ処理が施され、パーツをフレーム台座への装着でオブジェに組み替え可能。
背面に備えた6枚の翼は迫力の造形で再現され、そのボリュームに耐えるため新型素体が採用された。
豊富な表情パーツと専用の剣も付属し、剣は実際に鞘から抜ける仕様となっている。

【冥王ハーデス】
冥界を統べる神。人間を悪しき存在と見なし、地上を粛正すべくアテナとは何度も争ってきた。先の聖戦で先代のアテナに敗北し、封印されていたが243年ぶりに復活。皆既日食「グレイテスト エクリップス」によって地上の全生物の死滅を目論む。自身の美しい肉体が傷つくことを嫌っており、復活する時代毎に最も清らかな人間を寄り代に選んできた。今回の復活ではアンドロメダ瞬を選ぶもアテナの活躍で失敗。エリシオンに保管されていた真の肉体をもって聖闘士との最終決戦に臨んだ。大剣をふるい星矢たちを圧倒するが、5人の一斉攻撃により冥衣が粉砕。最期はアテナの黄金の杖に貫かれて敗北する。

【プロフィール】
年齢:不明/身長:184cm/体重:73kg/誕生日:9月9日(パンドラの母の胎内を借りて現世に出現した日)/血液型:不明/出身地:不明/技:グレイテストエクリップス
声:大塚明夫/登場作品:OVA『聖闘士星矢 冥王ハーデス エリシオン編』

thum01

新素体「EX METAL素体」、降臨

thum02

「聖闘士聖衣神話」シリーズの聖衣着脱ギミックには、本来なら聖衣で覆われるはずのヒジやヒザが露出する問題があった。これを「クロス着脱式フィギュアの宿命」として諦めず、「聖闘士聖衣神話」企画スタッフと開発スタッフはクリアすべき課題として様々なアイデアを検討。そして導き出された答が今回の「EX METAL素体」である。

thum03

「聖闘士聖衣神話」企画担当者によるEX素体改良プラン。クロス着脱+可動という制約から関節部の露出は避けられないため、素体のヒジとヒザを聖衣色にするという逆転の発想が導き出された。これに伴い関節部の素材をダイキャストに変更し、関節部の保持力も高められることとなる。さらに肩などの可動部も見直された。

新素体のCAD図面に書き込まれた、原型師であり、今回の素体の監修協力も手掛けた南田香名氏による修正ポイント。肩は聖衣装着後も目立つ箇所であるため、筋肉のように自然な形状になるよう調整された。「聖闘士聖衣神話」シリーズを熟知した南田氏ならではの拘りである。

thum04

神の造形

thum05

EX版ハーデスの注目ポイントは素体だけではない。EXブランドに相応しいクオリティを実現するため、頭部や冥衣パーツの原型には何度も修正が加えられた。さらに旧「聖闘士聖衣神話」版にはなかった劇中再現パーツも新規に追加。至高のハーデスが今ここに甦る。

thum06

顔は目の上下幅と位置、口の大きさを変更。頭髪は毛先をシャープにしつつ、毛束を増やしてボリュームをアップしている。拡大図でないと認識できないレベルの修正だが、この調整が実際の商品に大きく影響される。

thum07

冥衣パーツの調整。ショルダーとウエストパーツはエッジが強調され、背面の翼はメリハリのある立体的な形状となった。

thum08

翼のボリュームアップによりイメージが一新。ショルダーとウエストの正面パーツもより設定に近い形状となった。

thum09

旧「聖闘士聖衣神話」版の薄い布製マントや、EX黄金聖闘士シリーズに代表される従来のような可動式の造形物ではなく、S.H.Figuarts(真骨彫製法)にみられるようなワイヤー入りの布製マントが用意される。

thum10

「神話」版は剣のグリップのみを鞘に差して収納状態を再現したが、EX版では実際に鞘から剣が抜ける仕様へと変更。これにより劇中の抜刀シーンが再現可能となった。さらに刀身が赤く発光した剣も用意される。

旧商品との比較

thum11

thum12

最後に本商品と2011年発売の「聖闘士聖衣神話」版との比較、そして今回の「EX METAL素体」と既存EX素体との比較をご覧いただこう。もちろん旧商品の完成度が決して低かったわけではない。9年という年月の経過により造形や製法技術が向上し、マスプロダクツで実現できるクオリティが底上げされたのだ。
今後も「聖闘士聖衣神話」シリーズの進化にご期待いただきたい。

素体

thum13

ヒジとヒザをダイキャスト化することで関節が強化され、肩の構造も人間の関節に近い外見となる。なおハーデスのEX化は早い段階で企画されていたが、巨大な翼を持つため関節部の耐久性が課題となっていた。ハーデスに新素体が導入されたのはそのためで、今回の商品化を機に双子神や神聖衣のEX化も検討されている。

表情パーツ

thum14

「神話」版はノーマルと目を閉じた顔の2種のみであったが、「EX」ではノーマル、微笑、目閉じ、食いしばり、叫びの5種を用意。ハーデスが感情をあらわにするのは戦闘後になるため、食いしばりと叫びは血まみれの表情になっている。大人向けに商品を展開しているBANDAI SPIRITSになったことで、旧商品では実現できなかった流血表現も可能となった。

オブジェ

thum16

ハーデス自身を象った冥衣のオブジェ形態。アニメーション作品には未登場のため、原作の「聖衣分解装着図」を参考に形状が導き出された。翼パーツの形状が大きく変化したことで、旧商品よりもシャープなイメージとなった。

thum18

台座部はオブジェを安定させるために追加された玩具オリジナル。オブジェ本来のデザインを損なわぬよう、ハーデス像が最も映えるサイズが4パターン検討された。

原型制作:トイテック D.T.C   彩色:松田モデル  素体開発協力:南田香名  企画協力:レイアップ
※画像はイメージです。 ※対象年齢15才以上

その他の聖闘士星矢シリーズ商品はこちら

君は聖衣(クロス)の輝きを見たか 魂ネイションズ 聖闘士星矢 スペシャルページ

©車田正美/集英社・東映アニメーション