• スケジュール順に商品をさがす
  • カテゴリ別に商品をさがす
  • イベント・キャンペーンなどに参加する
  • 魂ウェブ
  • 魂の骨格
  • 造形師 五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

魂の骨格 造形師 五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

今回は過去様々な『S.I.C.』シリーズの原型製作に携わり、原型制作において最前線で活躍する五島純氏に商品発売に先立ってS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツの商品について語っていただいた。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

「仮面ライダーフォーゼ」という作品は平成ライダーの中でも結構特殊だと思うんです。基本フォーマットも他の平成ライダーと比べるとかなり変わっていますがそれより何よりとにかく「明るい」!!

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

そしてその明るさのかなりのパーセンテージを担っているのは主人公の「弦ちゃん(如月弦太朗)」のキャラクターが持つ圧倒的なまでの「陽性」だと思うのです。
強引ですがこの弦ちゃんの「陽性」を表現できたら仮面ライダーフォーゼのフィギュアって大体は大勝利なのでは無いでしょうか。
そしてこの「S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」はその「陽性」がしっかりと伝わる楽しいフィギュアになっております。やった大勝利。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

私の第1印象は「あっ顔が弦ちゃんに似てる」でした。弦ちゃんて顎がシュッとすぼまった小顔でイケメンなのに、後輩にいたら無条件で可愛がってしまいそうなファニーフェイス。でもキリっとしたら芯の強さがわかる凛々しさで、しかも優しさも感じさせる先輩にいたら頼もしい顔なのです。
S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツはそんな弦ちゃんみたいな「優しいけど凛々しい顔」に見えるのです。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

そして下腕とスネのぶっとさ、宇宙服としての機能も感じさせつつ、この太さのディフォルメがポーズを付けた時にポーズを強調して、力強さと若干のコミカルさを感じさせてくれます。格闘ゲームのキャラクターでもこういったディフォルメでアクションを強調するデザインがありますが、S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツもこのディフォルメの効果でちょっとしたポーズでもかなり派手な見映えになります。
アクションにちょっとコミカル感がある仮面ライダーフォーゼにはぴったりのアレンジです。

ただこのアレンジだとポーズが付けにくいじゃないの?と不安を感じる方もいるかもしれませんが、そこは『METAL BUILD』シリーズで変態可動を極めている坂本洋一氏&KOMA氏コンビのデザインである以上抜かりはありません。絶妙な関節のタイミングや、最初期(固定のキカイダーゼロワンから関わっております^_^)からS.I.C.に関わっている私からしたらかなり羨ましいABSの多用による、いままでのS.I.C.ではありえなかった様なギミックでバッチリ動きます。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

宇宙服としての機能性や密度感のあるディテール、展開する背中のバーニア、ポーズを付けた時に初めて見えるディテールもあって、手にして動かした時の充実感が凄まじいです。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

そして付属するモジュール。
ソビエトのロケットを意識したアレンジが施されたマニアックなロケットモジュールのボリューム!!

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

某E国の特撮人形劇に登場する某メカに寄せたと思われる、ある世代には文字通り突き刺さるデザインのドリルモジュール!!

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

何が素晴らしいってどちらも細かくパーツ分けされていて、ギミックもあるのに大きいパーツは中空で成形されてるから意外に軽いんです。可動フィギュアの装備用の付属品としては非常に重要なファクターです。
長くS.I.C.に関わっている身としては、反省も込めてこの軽さは本当に重要なんです(涙)

えっ?褒めてばっかりで提灯記事みたい?日和見するな?
じゃあ個人的にちょっと気になる所も…
劇中の仮面ライダーフォーゼのスーツには放送時期よりちょっと前に一部では話題になっていたMIT(マサチューセッツ工科大学)が研究している従来の宇宙服のように、着膨れしないという次世代宇宙服に特徴的だった斜めのラインが格子状になっているディテールが入っていて、放送当時は「おっ新しい!」と思ったもんなんですが、それが別のディテールに置き変わってるんですよね~
とはいえ既に最新では無い上に、アレンジによってより密度感のあるシャープなディテールになってるので本当に個人的な気になった所ですねコレ。
というかこのぐらいしか突っ込む所無いんだもの。

といわけで、坂本洋一氏&KOMA氏コンビにはガードチェイサー込みで仮面ライダーG3&G3Xのアレンジをして欲しいなあ〜と個人的には思っている五島純の「S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」のレビューでした。おしまい。

造形師五島 純氏によるS.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツレビュー

テキスト:五島 純

S.I.C. S.I.C.
造形界のトップクリエイター竹谷隆之氏、安藤賢司氏らによる、「デザインの美しさ」「造形技術の巧みさ」といった、芸術美に焦点を当てたフィギュアシリーズ。「ニューマテリアル」「ハイクオリティ」「プレイバリュー」「オリジナリティー」の4コンセプトを共存させ、キャラクターフィギュアの新しい概念を構築した。

この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。