完成品フィギュアブランド・魂ネイションズの情報がここに集結!株式会社BANDAI SPIRITS 公式サイト

魂ウェブ | コレクターズトイが好きな大人のためのブランド「TAMASHII NATIONS」公式サイト

  • global
  • language
    • English
    • 日本語

魂の骨格 『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』映画公開記念対談


――『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』の公開が近づいていますね。今作の見所を教えていただけますか。

井上:見所はいっぱいあるんですが、一推しはやっぱりニュージェネレーションヒーローズ全員で変身して一斉に着地するシーンです。着地からの立ち上がりも痺れます。あと、個人的に気に入っているシーンがもうひとつあって、タイガ、タイタス、フーマが入れ代わりつつ戦うシーン。まずトライスクワッドの3人が同じ空間にいるっていうところから、既にスペシャル感があります。

市野:3人が一緒に戦ったのは、TVシリーズ第1話の前半以来。あの時は宇宙空間でしたし、以降はヒロユキがいないと変身できなくなってしまったから、同時に戦ったことはないんですよね。

井上:そう、タイガが戦っていて、たとえばタイタスが出ようと思ったら、タイガが引っ込まなきゃいけなかった。そうではなく、3人が同時に戦ってコンビネーションを見せ付けるんです。そんなに大したことはしていないんですよ。ちょっとパンチしたりキック入れたりしているだけなんですけど、3人で戦えることが、何となく誇らしげというか、嬉しそうなんです。すごくタイガたちらしいシーンだなと思いましたね。

市野:あの立ち回りは、みんなで並んで光線を撃つとかではなく、フィジカルな部分でカッコいいタッグ戦ができたらいいねと話していたんです。殺陣の寺井(大介)さんが、3人連続で技を繋いでいくっていうあのアクションを作ってくれました。特に決定打になるようなダメージを与えるわけではないんだけど、「なんかイイ」んだよね(笑)。



――ニュージェネレーションヒーローズの中で、特に好きなキャラクターは?

井上:あえて言うなら、自分と正反対のキャラクターには憧れますね。オーブとかは特に、タイガともヒロユキとも全然違うキャラだから、見ていて楽しいです。逆にロッソやブルは基本的に一般人だし、年齢的にも若くて、新入社員のヒロユキと近いものがある。そこへいくとオーブの「風来坊」って、やっぱりぶっ飛んでいますよね。キャラクターも立っているので、見ていて面白いと感じます。

市野:濃すぎるよね、あの人。ガイさんを演じる石黒(英雄)さんも含めて(笑)。

井上:オーブカリバーっていう剣を持っているのもカッコいいんですよ。だから僕、タイガトライブレードを持っているトライストリウムがすごく好きなんですけどね。

※画像はイメージです。


――TVの最終回で倒されたはずのトレギアが再登場するとのことですが。

市野:最終回から半年間の時を置いて、トレギアの矛先が変わるんです。今まで息子のタイガを狙っていたのが、今度は大本命のタロウを狙う。タロウはTV本編では最後まで地球に来ませんでしたからね。普通、最終回くらい来るだろうと思われそうですが、来なかった(笑)。満を持しての登場シーンにも期待して下さい。タイガがちょっと今までにないようなピンチに陥ったところに、颯爽と現れます。


井上:本当にどう見てもやられる状況で、そこに登場するタロウがもう、カッコいいんですよ。親子の情みたいなものも、すごく描かれているなと感じました。

市野:言葉数は少ないけども、見つめ合っているだけで通じる、みたいな。あそこでタイガが「父さん、俺は……」って言い淀むんです。父親にカッコ悪いところを見られてしまって、ちょっと弁解しようとしている。子供ってそうじゃないですか。助けに来てくれて嬉しい気持ちと、こんなところを見らたくなかったっていう気持ちが葛藤している。今回はそういう「お父さんと子供」っていう部分を大事に描こうと、最初からずっと意識していましたね。



――S.H.Figuartsシリーズをご覧になって、いかがですか?

井上:すごいですよね。やっぱり本格的アクションフィギュアならではのリアリティがある。トライストリウムが発売されるのも嬉しいです。僕はトライストリウムがいちばんカッコいいと思っているので。霧崎役の(七瀬)公君は、フォトンアース派らしいですけど。タイガチーム内でも派閥があるんですよ(笑)。だからこそこのトライストリウムの、このクオリティでの商品化はすごく嬉しいです。

※画像はイメージです。


――トライストリウムは赤の面積が増えて、より一層タロウの血筋を感じます。

市野:それは最初から狙っていました。元々のタイガは、シルバー主体のウルトラマンカラー。成長し強くなるに従って徐々にタロウの遺伝子が発現していき、父親に似てくるっていうコンセプトでした。プロテクターのリベット状のディテールも含めて、身体の色もだんだん赤くしたいなと考えていたんです。とはいえ中盤で出るフォトンアースに赤を入れると中途半端なイメージになってしまうので、こちらは地球の力を得たということでゴールドを採用。そしてトライストリウムで思いっ切りお父さんに近い方向に寄せて、なおかつタイガらしさもしっかりある。そういうイメージですね。

井上:めちゃくちゃカッコいいです。


※画像はイメージです。

――S.H.Figuartsを使って再現したいシーンはありますか?

井上:トライストリウムで僕が真っ先に思い出すのは、最終回でのトレギアとの決着なんですよ。最近はイベントにも色々と出させていただいていて、会場の反応を見てもこの対決がいちばん盛り上がるんです。動きも速いですし、手数も多い。使う技も多彩で、再現するとすればこのシーンかなと思いますね。

市野:ウーラーがドーンと消滅した後、この両者が対峙するところですね。トレギアがタイガの説得を聞いてこっちになびいてくれるかなと思ったら、全然取り付く島もないっていう(笑)。


――市野監督は、今回の劇場版の中で再現したいシーンはありますか?

市野:そりゃあ当然、ニュージェネ全員集合ですよ。

井上:やっぱりこのシーンですよね(笑)。

市野:そう、横並びの勢揃いカットです。着地はセットの都合上4人までが限界だったので、半分ずつカットを割って撮影しているんですけど。最初、全員一度に行こうとして「それは無理でしょう!」とスタッフに止められました(笑)。実はそれぞれ違う降り方をしているんです。最初の一人はその場で跳んで、真ん中二人はブランコ、いちばん端は平台から飛び降りています。

井上:そうなんですか、知らなかった!

市野:おかげでカッコよく決まりました。あれは燃えますよね。滾るというか。全員変身からの流れとも相まって、ワクワク感がヤバイことになっています。


――このシリーズで商品化してほしいキャラクターは、他にありますか?

井上:フォトンアースは、S.H.Figuartsになっていないんですか? なれば絶対人気が出ると思いますけど。ちゃんと映画にも登場していますし。

市野:映画にも出てます。最初の方で、フォトンアースになってます(笑)。

井上:フォトンアースだったら、トライストリウムと違ってタイタス、フーマと並ぶこともできますから、そこも強みですよね。

市野:そうか、その画はやったことないな。トライストリウムは3者の合身なので、横にタイタスやフーマがいたらおかしいから。じゃあ『タイガ』もまだ終われませんね。いつかその並びをやらないと(笑)。金色ってカッコいいから、人気はあると思いますよ。赤ももちろんカッコいいけど、金色はストレートにみんな好きだから。S.H.Figuartsウルトラマンタイガ フォトンアース、作るといいんじゃないかなと僕も思います(笑)。


――ご意見がまとまったところで、読者へのメッセージをお願いします。

井上:僕は『ウルトラマンコスモス』が大好きで、実際に撮られていた市野監督や、コスモスを演じられていた寺井大介さんと仕事ができることがすごく光栄でした。ウルトラマンをやらせていただいて、僕にとってのコスモスがそうであるように、いま見てくれている子供たちが10年後20年後に「自分にとってのウルトラマンはタイガです!」って言ってもらえたら嬉しいなと思います。

市野:TVシリーズを最後まで見て下さった皆さん、ありがとうございました。今回の映画では、最終回から半年後、ヒロユキやタイガたちがどうなっているのかが描かれます。しかもニュージェネレーションヒーローズが全員揃って、タロウも来るし、トレギアも来るし、新しいウルトラマンも登場する、超盛りだくさんの作品になっています。それだけでなく、ラストシーンへ向けて一本筋の通ったお話にするため、常に考えながら、創りながら撮っていった映画です。

井上:ウルトラマンというシリーズにおける最大級の醍醐味のひとつだと思います。僕自身、演じられることがすごく嬉しかった。クランクアップがこのラストシーンの撮影で、現場もちょっと異様な雰囲気だったのを覚えています。ホマレ先輩は泣くし。

市野:うちの男連中はよく泣くんですよ。女子二人はキャッキャ言って喜んでるんですけどね(笑)。そういう意味でも、TVの最終回よりも最終回らしいかもしれない。そんな『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』、3月6日公開です!

井上:皆さん、是非劇場に!

市野井上:バディィィィィゴー!!





ブランド別商品一覧 「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」とあら ゆるフィギュアの技術を凝縮した手の平サイズのスタンダードフィギュアシリーズです。

この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。

関連商品

  • S.H.Figuarts ウルトラマンタイガ トライストリウム
    S.H.Figuarts ウルトラマンタイガ トライストリウム

    7,150円(税10%込)
    6,500円(税抜)

    魂ウェブ商店 受注は終了しました 

    2020年06月 発売

  • S.H.Figuarts ウルトラマントレギア
    S.H.Figuarts ウルトラマントレギア

    7,150円(税10%込)
    6,500円(税抜)

    魂ウェブ商店 受注は終了しました 

    2020年06月 発売

関連ブランド

  • Figuartsシリーズ
  • S.H.Figuarts