完成品フィギュアブランド・魂ネイションズの情報がここに集結!株式会社BANDAI SPIRITS 公式サイト

魂ウェブ | コレクターズトイが好きな大人のためのブランド「TAMASHII NATIONS」公式サイト

  • global
  • language
    • English
    • 日本語

魂の骨格 「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ インタビュー

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ インタビュー

S.H.Figuarts アルファモンが、仕様を追加し“-Premium Color Edition-”へと究極進化!
新たなアルファモンは全塗装に加え、エフェクトパーツやマントなどオプションもパワーアップ。
そこで今回はデジモンの生みの親であり、2015年発売の「S.H.Figuarts アルファモン」では監修・ボックスアートも担当した、渡辺けんじ氏に“-Premium Color Edition-”をご覧いただきつつ、企画担当を交えてインタビュー。
渡辺氏は「魂の骨格」にD-Arts、超進化魂の時以来3度目の登場。渡辺氏の“魂の骨格”に迫る!

■S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-

――まずは今回の“-Premium Color Edition-”について、企画担当より説明させてください。

企画担当:デジモンシリーズが超進化魂シリーズ以来、“TAMASHII NATIONSで久しぶりに復活!”となり、まずは-Premium Color Edition-の第1弾として「オメガモン」を、マントの仕様を見直しつつ、メタリック彩色をベースでリニューアルしまして、その第2弾として、今回「アルファモン:王竜剣」が発売されます。ベースとなった通常版は、けんじさんの造形監修でしたよね?

渡辺:見ました、見ました。

企画担当:その監修いただいた造形を、今回もそのまま使用しています。

渡辺:当時から僕的に造形はすごく満足していて、良い商品ですよね。ただ、(通常版は)こんなに金が赤かったかな? たぶん最終的な量産時の塗りで変わったとかかな?

企画担当:そうですね、製品ではちょっと金の色味は難しくて。

渡辺:監修当時も「難しかったらいいです」って言ってた気がする。

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

企画担当:それもあって、今回は金もけんじさんが描かれた設定画をイメージしたカラーに刷新しています。薄めのシャンパンゴールド系の色味にしました。

渡辺:この金は、僕の好きな金。よりソリッド、シャープな感じがして、とても良い色だと思います。(イラストは)プラチナ、白金みたいなのをイメージしてたんですけど、今回それにだいぶ近づいていますね。

企画担当:黒に関しても、第1弾のオメガモンとのバランスを意識して、パール系の色味を入れていて。イラストでは結構ガンメタっぽい色味に近いですが、今回は劇中イメージにしました。アニメ『DIGITAL MONSTER X-evolution』や最近のゲームのイメージだと、ただのガンメタなイメージもなくて。昔、けんじさんが「黒が正解である」と何かのインタビューでおっしゃっていたことを意識しました。
※編注:ガンメタ=ガンメタリック。金属光沢のあるグレー。

渡辺:みんなが「アルファモンはグレーだ」と言うので、「ガンメタ系の黒ですよ」と言ったんです。イラストだと黒で塗るのは難しいんですよ。真っ黒になっちゃう。

企画担当:そうですよね。なので、あまりガンメタでも真っ黒にならないように、ブラックでもメタリック調です。

渡辺:ちょっと漆っぽい。

企画担当:はい、漆のように光沢感を出しました。

渡辺:「ただの黒じゃないぞ」って。

企画担当:ガンメタの色味や黒の艶のパターンを6~7種くらい作って、何度もトライ&エラーを繰り返していました。黒金のイメージはあまり変えずに、ただ実際手にしていただくと、メタリックの粒子、大きめの粒が反射するような色味を意識して仕上げました。

渡辺:成形色じゃない?

企画担当:前回、黒部分は成形色でしたが、今回は関節以外の全身のパーツをフル塗装にしております。

渡辺:ええええ! 全塗装なんてやりたくないですよね、モノを作る上で……ねえ(笑)? 塗装が大変なのはよく知ってるので。

企画担当:(通常版の)成形色の色味も、ひとつの正解だし、いいなと思っていて。ただ、イラストであったり、アニメーションをあらためて見直すと、「もっと絶妙な色味のバランスを追求してもいいのでは?」となりました。金に関しても、塗料のサンプルをトータル10個弱くらい使って試しましたね。

渡辺:カラーへのこだわりを感じますね。あと、このマントの自由度! ……すごいな。ボロボロ感もすごい。マントは少し袋状になってる?

企画担当:表裏を縫い合わせて、裾はボロボロにしています。オメガモンの時は貼り合わせでしたが、それではマントが全体的にペタっとした印象になってしまって。アルファモンに関しては、マントをふわっとした感じにしたかったんです。布地もアパレル系のツテを使って、いろんな種類を取り寄せて検討しました。

渡辺:立体的になってる感じがしないでもない。何よりもね、今回はこの翼ですよね。でっかい翼、よく作ったなって。外すこともできるんですよね?

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

企画担当:はい。聖剣グレイダルファーを持っている時は外しているのが正解ですからね、設定的には。

渡辺:前回は王竜剣を持っているのに、翼がなかったからね。

――前回、ボックスアートは渡辺さんの描き下ろしでしたよね。

渡辺:そう、王竜剣を持ってると、翼がついてないと(設定的に)おかしくなると。だから少しだけ炎が、「これから炎の翼が出ますよ!」ってイメージの絵にしました。

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

企画担当:当時、翼自体、試作までは作っていたと思います。

渡辺:そう、「(翼の)デザインして!」って言われたのは覚えてるんで。

企画担当:おそらく価格とのバランスで、優先順位的に付けられなかったんでしょうね。でも、今回は“完全版”として、翼もエフェクトでしっかり再現しました。

渡辺:王竜剣を持って、しかも炎の翼出てるから。最初にカードで描いた、王竜剣を下に向けたポーズとか再現したくなりますね。今度はファンも満足していただけるかな、今まで以上にね。塗装しかり、見えないところにもコストかけているところもあって。ここまでやってるなんて、企画担当者のこだわりですね。


■アルファモン――X抗体の始まり

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

――アルファモンをデザインした当時のこと、お聞かせください。

渡辺:アルファモンは、いわゆるX抗体の始まりなんですよね。その始まりをもって、当時、結構案件抱えていたし、企画のトップみたいな立場だったので僕は1回デジモンから引退するんですよ。そもそもX抗体は「他のデザイナーに描かせるから」となっていたので。

企画担当:特別な思いで描かれたデジモンだったんですね。

――どのようなイメージでデザインされたのでしょうか?

渡辺:黒いオメガモンみたいな。オメガモンがひょろひょろだったので、こちらはちょっとマッチョ、ごっつい感じで描きました。要はオメガモンがいるので、その対になるアルファモン。新シリーズのトップのイメージです。それと『聖戦士ダンバイン』のズワァース、あと『機動警察パトレイバー』のグリフォンをイメージして描いた覚えがあります。

――X抗体として何か特別なデザインはあったのでしょうか?

渡辺:シルエットでそのキャラクターがわかるようなもの、できるだけ少ない線でそれっぽく見せる、表現することをデジモンはずっと目指していて。X抗体の始まりとして、「ギリギリこのくらいの線かな」とデザインしました。まあ、そこから先、X抗体は、すごい大変なことになってしまうんですけど。それと、いろんなところにX抗体のマークをデザインしていて。ただ、誰も継承してくれなかった(笑)。で、渡辺のは赤、As'まりあさんが描いたのは緑色になっていて。“なべけんレッド”、“As'まりあグリーン”みたいに呼ばれていますよね。As'まりあさんのは、全部緑でしょう?

企画担当:本当ですね。知らなかった。

渡辺:なんで赤にしたかは、商品本体に赤いLEDがついてたんですよね。「デジモンペンデュラムエックス」のLEDだったと思うけど、そのイメージでした。

――発表当時、ファンからの反応はいかがでしたか?

渡辺:どうなんだろう。今みたいにSNSがあるわけでもなかったですからね。バンダイさんからは、市場とか関係なく「デジモンだからやろう」みたいな感じがあって(笑)。途絶えさせないように、少しでも何かやっとこうよ、と続けていました。

――実際その判断は正しかったですよね。それもあって、今も新作アニメ含めて、続いていますし、今回の商品化にもつながっているのでは?

渡辺:と、思いますね。その間に、当時の子供たちも育ってくるじゃないですか? 10年経てば、当時10歳の子は20歳になるわけですよね。そうするとデジモンまだやってる、まだ商品出てることを知ってくれれば、懐かしさもあって買ってくれますからね。

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

――アルファモンは今も人気が高いですよね。

渡辺:ありがたいことですよ、本当。アニメ『DIGITAL MONSTER X-evolution』に登場していますが、デザインはその前に出来上がっていて。世界観を伝える方法として、商品に漫画の小冊子をつけたりしてました。また、当時ウィズはアニメの制作もやっていたので、『DIGITAL MONSTER X-evolution』のシナリオ原案までは、ウィズが手掛けていたんですよ。

――アニメは当時としてはめずらしいフルCGの先駆け的作品で、アルファモンは最後の見せ場として登場していました。

渡辺:あの作品は人が登場していなくて良かったと思うんです。CGで人間を作るのは、難しいじゃないですか。デジモンだからこそ意外と上手くCGにハマってた。今、観ても、「よくやってんな、これ」って(笑)。いやあ、意外と上映時間も長いんですよ。

――2019年発売の画集「デジタルモンスター ART BOOK Ver.X」でも、アルファモンを描き下ろしされていましたよね。

渡辺:どっちかと言うと、こちらが無理矢理描かせてもらったんです。

企画担当:ご自分からだったんですね!

渡辺:そうそう。逆に「画集の中の絵は描かない!」って言ったんですよ。「いや、こんなに大量のX抗体描けない……その代わり、表紙描かせて」って(笑)。

企画担当:このイラスト、カッコいいですよね。

渡辺:でも、SNS上では「なんで(絵の背景にいる)ほかのデジモンはマントで体を隠してんだ!」って怒ってる人もいて(笑)。

企画担当:せっかくなら「全体を見せてくれ」ってことですね(笑)。

渡辺:「手抜きじゃねえの」とか言われて……手は抜いてないんだけど。マントつけてると、やっぱりポーズ的に、広げたいじゃないですか。それにメインで見せたいのは、アルファモンとディアボロモンですからね。

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

■デジモンへの想い

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

――今もデジモンが多くのファンから愛されていることについて、どう思われますか?

渡辺:やはり続いていることはありがたいですね。それこそデジモン15周年のイベントを、東映アニメーションさん、バンダイさん含めてやっていただいてからは、僕自身も表に出ることが多くなり、お客さんと実際に会うようになるじゃないですか?  そうすると「デジモンってこんな風に思われてたんだ」と知ることもできました。当時、僕はデジモンのほかにも、たまごっちや、レジェンズ、それこそプリキュアの企画もやっていましたが、裏方でしたからね。忙しさもあって、お客さんの反応がほぼ見えなかったんです。でも、今、それで育った子たちに会ってみると、やっぱり純粋にキャラクターを好きでいてくれているんです。僕にとっては仕事の一環でしたが、この子たちの育つ上での大切な一部分を担っていたんだなと気づき、自分が思っている以上に、このキャラクターたちで何かしなきゃいけない、その想いに応えられることをしたいと思いましたね。

――それこそアニメ業界、玩具業界ともにデジモンで育ってきたスタッフも多いですよね。

渡辺:他の商品の話なんですけども、今のカードゲームのイラストは、当時ファンだった人たちも描いてるんですよ。要はファンだからイラストの凝り方が半端ない。この予算で、なんでこんなに描くのってくらい(笑)。ファン、好きな人のパワーには、ちょっと太刀打ちできない、テクニックも含めすごいなと思いました。

企画担当:愛ゆえですよね。やっぱり思いが詰まってますから。

渡辺:そうね。まあ、デジモンもだいぶ独り立ちしたなと思います。

「S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-」渡辺けんじ

企画担当:自分も当時『デジモンアドベンチャー』をちょうど観ていた世代です。アニメ化などでデジモンが盛り上がっているところで、TAMASHII NATIONSで一番メジャーなブランドであるS.H.Figuartsを中心に、改めて、デジモンシリーズをやっていきたいと、今後の商品化を企画しています。当時の商品自体、すごく良いものですが、新規造形のアイテムも今後の課題として企画を検討したいと思っています。

――では、最後にファンにメッセージをいただいてもよろしいでしょうか?

渡辺:僕自身、(デジモンは)本当にずっと続けてきたことのひとつですし、アルファモンもその過程でデザインしていて、今でも生きているし、息づいています。アルファモンは、オメガモンとは違った、また良いデザインだったと僕は思っていて。なかなかそういうキャラクターって作り出すのが難しいんですよ。それが商品として、より完成形に近づいていくところは感慨深いですよね。だからファンの人たちにも、「これぞアルファモン」ってところを楽しんでいただけたらと思います。

――ありがとうございました。


【プロフィール】
渡辺けんじ

 

渡辺 けんじ(わたなべ けんじ)
1971年生まれ。
1966年3月21日生まれ / 神奈川県出身
「WOW FACTORY」代表。
玩具企画会社「ウィズ」のチーフデザイナーとして、「デジモンシリーズ」、さらには「たまごっち」などを作り出したクリエーター。
イラストレーター、企画原作、プロデューサーなど、その活躍は多岐にわたる。

S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-
ブランド別商品一覧 「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」とあら ゆるフィギュアの技術を凝縮した手の平サイズのスタンダードフィギュアシリーズです。

この記事を評価する

このページの内容は役に立ちましたか?

一言コメント

※100文字まで・ご意見はサイト改善に活用させていただきます。
※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。

関連商品

  • S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-
    S.H.Figuarts アルファモン:王竜剣 -Premium Color Edition-

    10,450円(税10%込)
    9,500円(税抜)

    魂ウェブ商店 ご注文受付中 

    2021年09月 発売

関連ブランド

  • S.H.Figuarts