超合金魂 GX-96ゲッターロボ號 3機のマシンが3形態のロボへ変形・合体!チェンジゲッター號!

1990年代に復活したゲッターロボ!

ゲッターロボ號

『ゲッターロボ號』は、1991年2月11日~1992年1月27日まで放送されたテレビアニメーション。『ゲッターロボ』(1974年)及び『ゲッターロボG』(1975年)に続く、16年ぶりの新作だが、前2作とは世界観を一新している。
ゲッターロボ號の最も特徴的なポイントは、3機のマシンが3形態のロボに変形・合体する「ゲッターチェンジ」を立体物で再現可能にしたことだろう。スーパーロボットとリアルロボットの融合は、ロボットアニメが成熟期を迎えた90年代ならではのものと言える。
また、シリーズ後半にはGアームライザーによるパワーアップが行われ、スーパーゲッター號が誕生。よりパワフルなロボットアクションが繰り広げられている。

見よ!これが実際に動くゲッターロボ號だ!

ゲッターマシン、ゲッター1、ゲッター2、ゲッター3を完全再現

ゲッターマシン、ゲッター1、ゲッター2、ゲッター3 イメージ

3機合体による、ゲッター號、ゲッター翔、ゲッター凱

ゲッターロボ號の特徴は「完全合体」にある。3機のゲッターマシン、ゲッター1、ゲッター2,ゲッター3は合体するだけでなく、単機のマシンとしてもスタイルを重視した造形となっている。特にゲッター1とゲッター2の機首、ゲッター3の主翼はゲッターマシン形態のバランスを重視して作られていることがわかる。

  • ゲッターマシン ゲッター1
  • ゲッターマシン ゲッター2
  • ゲッターマシン ゲッター3

  • ゲッター號
  • ゲッター翔
  • ゲッター凱

3機のゲッターマシンは合体ポジションの変化により、3種類のゲッターロボとなる。その合体システムは、設定に準拠しながら超合金魂独自の解釈もとりいれ、ゲッターマシンとゲッターロボいずれのプロポーションを保ちつつ、ゲッター號、ゲッター翔、ゲッター剴にチェンジできるのだ。また、ブーメランソーサー、レッグブレード(以上、ゲッター號)、ブレストボンバー、ストリングスアタック(以上、ゲッター翔)、ゲッタートマホーク、グレートハンマー、(以上、ゲッター剴)などの武器も豊富に付属する。

ゲッターロボ號

超合金魂 GX-96ゲッターロボ號

発売日
2021年9月
メーカー希望小売価格
23,000円

【商品仕様】

全高
約180㎜(ゲッター號)
材質
ダイキャスト、ABS、PVC製
セット内容
ゲッター號 (ゲッター1~3が合体 )、トマホーク、レッグブレード×2、ストリング、ストリング用グリップ、ハープンキャノン×2、グレートハンマー、號用交換用手首/握り・平手・トマホーク持ち用手・ソーサー持ち用手(各左右)、號用サポートパーツ×2、翔用交換手首/握り・平手・ス トリング用持ち用手(各左手のみ)、剴用交換手首/握り・武器持ち用手・平手(各左右)、剴用サポートパーツA×2、剴用交換頭部、専用台座、ゲッター1用カタパルトパーツ、ゲッター2用カタパルトパーツ、ゲッター3用カタパルトパーツ、ゲッター號用支柱一式、ゲッター翔用支柱

©ダイナミック企画・東映アニメーション